医療法人みやび会・ひきた歯科 | 豊橋市大手町

キッズスペースがあって子供連れでも安心。口腔外科/審美/インプラント/虫歯治療/ホワイトニング

TEL.0532-55-1188 
URL.http//www.hikitashika.com/

〒440-0805 愛知県豊橋市大手町35番地

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯について

こんにちは、ひきた歯科です。

 

当院には親知らずの抜歯を希望されて来院される患者さまが多くいらっしゃいます。

皆さん口を揃えて言うのは、本当に抜かないとダメですか?・・・と。

皆さん勇気を出して来院してくださっているので、可能な限り細かく丁寧に説明をさせていただいています。

もし疑問や不安な事があれば一度相談にきてください。セカンドオピニオンにも対応しています。

 

今回はブログ上で親知らずについて簡単に説明したいと思います。

 

・まず第一に親知らずは絶対に抜かなければいけないのか?

→そんな事はありませんが、抜いたほうが良いケースが多くあります。また1本も無い方もいらっしゃいますし、私自身は3本しかありませんでした。

・抜く時期はいつがいいのか?

→もし抜歯を検討されるのであれば、比較的若いうちのほうが良いです。理由は様々ですが、一番のポイントは親知らず以外の歯に悪影響をあたえる前に抜歯をする事です。

・痛みや腫れはどう?

→当然歯を抜く事は炎症を起こさせる事なので、程度の差はあれど腫れや痛みはでます。

・病院でないと抜けないの?

→奥深くに埋もれた歯(埋伏歯といいます)は病院に紹介されるケースが多くあります。しかしながら、歯科医師にも親知らずの抜歯を積極的に行う先生もいらっしゃいます。私は病院での勤務が長かったため、今まで数千本の抜歯をしてきました。日々の診療で親知らずは当院で抜歯をしていますが、それでも中には紹介をするケースはあります。例えば、一気に4本抜きたいとか、親知らずがふくろ状の出来物に覆われていたりとか・・・。

 

以上簡単に説明してきましたが、結論から言うと親知らずと一言でいっても一人一人生えかたや状況が違います。

抜くか抜かないかは最後は患者さまが判断されればよいと思いますが、そのための判断材料を提供するのが私の役目だと思っています。

もし疑問や不安な事がありましたら、ご相談にお越しください。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です